活動報告 活動報告

  1. ホーム
  2. 活動報告
  3. 森のひろば「ファイヤープレイス」造りワークショップ

森のひろば「ファイヤープレイス」造りワークショップ

01.jpg

10月26日(日)穏やかな秋晴れに恵まれたこの日、秋の学校林イベント『森のひろば「ファイアプレイス」作りワークショップ』が行われました。この春から学校林でのさまざまなレクリエーション等の活動の拠点となる「ひろば」づくりを進めてきましたが、今回はひろばの中心に森遊びの基本「焚き火」を楽しむための炉を参加者全員で作ってしまおうというワークショップなのです。同窓生・関係者25名に在校生11名の総勢36名の参加者で朝9時から作業を開始。

企画活動委員の陣内さんが構想を練り、石積みの炉をつくるという話だったので、設置場所を平らにして、基礎砂利を敷いて、その上に河原にあるような少し大きめの石を積んでいくのかな~と想像していたのですが、白旗山の森林活用センターに集合し、広場まで15分程度の山道を登っていくとなにやらユニック車で巨大な石を下ろしています。
なんか話違うくね??と思ったものの、ここまできてしまったらやるしかないわけで。

作業は石積み作業班、薪づくり班、笹狩り班、そして豚汁調理班にゆるーく分かれて進みます。石積み作業班では現役生の若い衆の活躍が期待されていたものの、実際は南31期の先輩たちが大活躍!石屋さんの親方の指導のもと、基礎を丁寧に敷いていきます。
今回作業に使った石は南区常盤で切り出された「札幌軟石」 正式には「支笏噴火溶結凝灰岩」というそうですが、「軟石」と言われるだけあって、工具をつかって形の加工が可能で、ベースを敷いた上に円形になるように加工しながら石を置いていき、調理班の豚汁のいいにおいが森に漂い始めたちょうどお昼ごろ、最後の石をはめ込んで作業完了。早速、記念写真と火入れです。

現役山岳部の生徒たちはさっそく飯ごうでご飯を炊いたり、アルミホイルで芋や野菜を焼いてのお昼ご飯。調理班の豚汁、そして34期の佐竹先輩差し入れの焼肉がうまい!!焚き火を囲んでしばしの森談義のあと、火の後始末を終えて午後2時、ミッション完了となり皆で下山となりました。
ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした!!大変ありがとうございました。

02.jpgユニック車から下ろされる巨大軟石。

03.jpgまずは地盤を平坦に均します。現役山岳部の皆さん、大活躍!

04.jpg

とりあえず地盤に基礎となる軟石の床版を一枚敷いてみたところで札幌軟石についての説明をお伺いしました。

05.jpg

調理班の準備開始!!

06.jpg

しっかり腰に力を入れて持ち上げるのだ!!

07.jpg

ベースとなる床板の上に軟石を削りながら円形になるように石を設置してゆきます。

08.jpg

なんとか組み上がりました!

09.jpg

早速火入れ!現役生は飯盒持参でごはんを炊いてます〜

10.jpg

調理班のおいしい豚汁も完成!!配給の列に並びます。

11.jpg

34期佐竹先輩からはお肉の差し入れ♪ 佐竹先輩、ありがとうございます!

12.jpg

皆さん、本当にお疲れさまでした!!写真は企画活動委員の足立くんが木の上からパチリ!

当日の様子をタイムラプス動画にしました。また、こちらから当日のフォトアルバムもご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

次の学校林イベントは冬の学校林散策会の予定です。時期的には2015年2月〜3月を予定していますが、決まり次第お知らせ致しますので沢山の皆さまにご参加いただきたくよろしくお願いします。

お知らせ

もっと見る

ページの先頭へ戻る